長さによる分類

ミニスカートは、スカートの長さによる分類で、こうよばれている。
その長さにより、ロングスカート(マキシスカート)とミニスカートに大きく分けられる。
一般的にロングスカートは総丈70cm以上あるものを呼ぶことが多い。
ロングでも更に丈が長く、床まで着くほどのものはマキシスカートに分類する。
1970年頃に流行した。

ミニスカートは総丈が膝より上までのもので、総丈45cm〜50cmのものが多く、更に丈の短いミニスカートはマイクロミニスカート(マイクロミニ)と呼ばれる。
ミニとロングの中間にミディスカート(ニーロングスカート、膝丈スカートなど)がある。
ミディ丈は総丈が膝程度の長さである。

スカートの長さと景気の動向との関連などが取り上げられることもある。
テニスなどのスポーツで女子がよく穿いている短いスカートのようなものはスコートと呼ばれるが、語源はスカートと同じである。

1990年代以降、日本人女性のスカート離れが進んでいる。
スカートは元来、パンツスタイルと比較すると下記の欠点がある。

・動きにくい
・寒さが伝わりやすい
・風などで捲くり上げられやすい事や、スカートめくりや盗撮といった、性的な被害に遭い易い 等

近年はこれらスカートの欠点を、プラスイメージより強く捉える女性が多く、スカートを敬遠する傾向がでてきた。

ただし、スカートの美しさ自体は認識している為、めくれたりしてもショーツが見えないようその上から何がしかの衣類を着用したり(つまりは見せたいのは脚部であり股間ではないという事である)、スカートの下にズボンやスパッツを穿いたりという折半的な着こなしも広まっている。

「ミニスカート」(2007年5月10日 12:09 UTCの版)『ウィキペディア日本語版』

たかが2cm、されど2cm

階段やエスカレーターで、女子高生のミニスカートが話題になっていた。

ニュースでも報じられていたが、実際に、階段やエスカレーターで女子高生のミニスカートの中を見ることができるのか・・・?

「ミニスカートの幾何学」および、二十一世紀の「ミニスカートの幾何学」によると、よっぽど短いミニスカートでない限り、階段やエスカレーター(30度らしい)の傾斜では、ミニスカートの中身は見えないようである。
女子高生などがいうには、「最近の流行は、ミニスカートの丈が32cmのもの」であるということだ。

これには、根拠があって、

「34cmだと長いしぃ。」
「30cmだと下着が見えちゃうしぃ。」

なので、ミニスカートの丈は32cmだという。

ミニスカートの丈の限界まで挑戦しなくても良いだろう、と思うが、彼女たちはそう考えないらしい。

それにしても、ミニスカートの丈が32cmと30cmの間でそんなに、違いがあるものだろうか? 
「見える・見えない」を決めるのが、2cmの違いだとは・・・?

これに関しても、「ミニスカートの幾何学」による分析結果が出されている。

それによると、「ミニスカートを身につける女性の経験に基づく、「30cmだと下着が見えちゃうしぃ。」理論はなかなか正しい」というのだ。

「科学的な証明を見てみたい」という人は、「ミニスカートの幾何学」にいってみて欲しい。

ミニスカート、たかが2cm、されど2cm ということなのだろう。

ここでは、女子高生のミニスカートを対象にしたが、世の女性の意見も伺ってみたいものである。

タレントのスタイル

ミニスカートが似合う芸能人って、誰を思い浮かべるだろうか?

やはり、アイドルタレントと呼ばれている彼女たちになると思う。

最近では、バラエティーのテレビ番組に出演することが多くなっているので、アイドルタレントの活躍はいろいろなところで見ることができる。
一般人の写真撮影の問題なども話題になったが、ミニスカートも、彼女たちの象徴だといってもいい。

ミニスカートが似合うといえば、岩佐真悠子、熊田曜子、ほしのあき、小倉優子、相澤仁美、磯山さやか、坂下千里子あたりになろう。
タレントの中では、優香や小池栄子もあげられる。

彼女たちに共通しているのは、スタイルがきれいだということ。
ミニスカートが似合うには、やはりスタイルがいいことが条件だ。

タレントのスタイルをポイントに、女優に目を向けてみよう。、

観月ありさは、ドラマで話題の彼女が、私生活でも超マイクロミニスカートを着用し、100着以上も所有しているという。
「他人の視線」をビシビシ感じることでいいスタイルになるらしい。

山田優は、CMやドラマでも美いいスタイルを披露しているが、なんと、彼女は、夕食後に家族を集めてミニスカート姿でウオーキングショーを開いていたそうである。
母親もモデルだったので、その影響もあって、いいスタイルの維持にも役立ったという。

安室奈美恵は、音楽界では“ダントツのスタイル”といわれるほどだが、彼女のスタイルの維持法は変わっている。
「ツーサイズも小さいタイツ」をはいてダンスのレッスンをするという。
そして、足が細くなれば、さらにサイズダウンをするそうである。

こう見てくると、ミニスカートとスタイルは、2つでワンセットだということがいえる。

いいスタイルの彼女たちが、ミニスカートを履くことで、さらにスタイルがきれいになり、そのことによって、ミニスカートが似合うようになるのだ。

女性と時代の流行

ミニスカート(Miniskirt, ドイツ語 Minirock)は膝上丈のスカートの総称。「ミニスカ」、あるいは単に「ミニ」と略される。

1965年、英国のアパレル会社が「マリー・クヮント」ブランドでファッションショーを行い、ミニスカートを売り出したのが始まり。
イギリス出身のモデル、ツイッギー(1949年 - )がミニスカートをはき、ブームを呼び起こした。
1967年10月に来日し、日本にもツイッギー旋風が起こり、ミニスカートがブームになった。

その後、さらに短いスカートが流行することもあり、スカートの短さと経済の好況不況が関連付けて論じられることもある。
膝上丈よりもさらに短い、太股の中央よりも上の極端に短いスカートのことを、近年ではマイクロミニスカートと呼ぶ傾向もある。

漫画の女性キャラは大抵、通常のミニスカートよりも短いスカートを穿く傾向が強い。

1960年代後半、ミニスカートが日本全土を席巻する。
かの美空ひばりが「真っ赤な太陽」でマイクロミニスカート姿で唄ったことも後押しをしたと言われている。
この時は、あまりに流行したせいで、世代を問わず着用した事実が写真等で残っている。
ただし、多くの女性のミニスカートはひざ丈よりやや短い程度にとどまっていた。

また、既製品を購入するほかに、元々持っていた長めの丈のスカートの裾を短くしてミニスカートにすることも多かった。
この描写はサザエさんの中でもしばしば書かれている。

この第一次ミニスカートブームは、各種の制服(交通機関・女性警官・1970年の大阪万博での多くのパビリオンのコンパニオンなど)にも反映された。
しかし、1973〜1974年頃には終焉した。
その後、1982年頃に若干復活したが、第一次ミニスカートブームや後述するそれ以降のブームには至らなかった。

1990年頃、またスカート丈が短くなる。
ついにひざ上30〜35cmとなる、アライアの発表したボディコンシャスなスタイルが日本で流行した為と推測される。

同時に好況感も流行を押し上げた。

「ミニスカート」(2007年5月6日 12:09 UTCの版)『ウィキペディア日本語版』。

ドラえもんが変わる

今年の春はマイクロミニスカートが復活するらしい。

あなたは、大人のミニスカはどこまでゆるせますか?
今年の春は、例年以上に「ミニスカート」がくるらしい。
でも、いい年をした大人が実際にはいていいものかというと、議論が分かれるかもしれない。

「ミニスカートに、年齢は関係ない。」という意見から

要は似合ってるかどうか。
なので、お世辞にも細いとはいえない足を思い切り出しているのを見るのはちょっと・・・。

でも、30歳以上でも細からず太からず、ほどよく筋肉のついた足ならばOKだろう。
年齢よりも、本人の努力によって違ってくるのではなかろうか。

「ミニスカートの似合う足」の持ち主なら、年齢は問題ではないといえるのかも。

実は、テレビ朝日「ドラえもん」が、2007年5月11日から現代風に変わるという。
のび太とその仲間たちの服装などが大きくイメージチェンジして、しずかちゃんはキャミソールにミニスカートと大胆なファッションになる。
のび太やジャイアン、スネ夫もカラフルなTシャツや短パンに、靴紐タイプのスニーカーを履く。

さらに、スネ夫が携帯電話を使うなど、現代生活を反映した内容が盛り込まれる予定だ。

オープニングソングも「夢をかなえてドラえもん」に変わる。
公式サイトによれば、スネ夫がとうとう携帯電話を持つという記述もあり、5月から「ドラえもん」はまた大きな変化を見せそうだ。

まあ時代の変化に対応した変更という事のようだが、これも、賛否両論ありそうだ。
いえることは、しずかちゃんなら、ミニスカートはOKということだ。

ミニスカートのよく似合うキャラクターの一人である。